隣のお姉さんの下着を盗んだら ネタバレ 第2話 涙が出るほど気持ちよくて何度も出しちゃった話

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
画像をタップ!

サイト内で「隣のお姉さん」と検索するとすぐに読めます

隣のお姉さんの下着を盗んだら第2話は「涙が出るほど気持ちよくて何度も出しちゃった話」というストーリーです。

初めてエッチを経験した主人公は、エッチの気持ちよさに驚嘆します。

涙を流すほど気持ちよくて何度も何度も射精してしまうのです。

お姉さんは主人公の肉棒を優しく下のお口で包み込み、精子を絞り取ります。

お姉さんのスケべさに雄叫びをあげてしまいそうです!

 

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
画像をタップ!

サイト内で「隣のお姉さん」と検索するとすぐに読めます

おすすめの漫画

このストーリーは、人間の内面の性というものについて考えさせられます。
そして何が幸せなのかと問うてきます。

私はそういう印象を受けました。故にお気に入りの作品です。

 

美男子の三島が主人公です。女装が好きだけど心まで女の子ではありません。

(余談ですがこの三島の母ちゃんのことが個人的にとても好きです。いい性格をしています。)

 

クラスメイトの桐野はサッカー部のかっこいい男の子ですが心は乙女です。

好きなのは女の子だけどなんとなく三島に惹かれる男子クラスメイトの夢野に、
同性である男性が好きで、三島を見ている教師柳田、彼らが主な登場人物です。

 

三島と桐野がお互いの秘密を共有したことから始まった、

三角関係にすらならないこの不思議な関係は彼らが大人になるとどう変わるのか。

 

周りに合わせ自分を殺し社会に適合しているであろう道を選ぶのか、

悲しむ人がいたとしても自分を主張しあまりいないタイプの人間として生きていくのか。

 

自分を主張するのが正論のような気もしますし、漫画ではなおさら主人公の主張する路線に物語は進むでしょう。

でも彼らは漫画には描かれないであろう自分自身の人生の先を考え決断します。
死ぬまでが人生なのですから、物語の描かれている間だけ幸せな桃源郷にいても意味がないのです。

 

 

あともう一つの見所が作者、永井三郎先生の漫画における表現のセンスです。
とても美しい絵を描かれますが、絶妙な場面でギャグ調やホラー調になります。
真面目な中に笑いありといった感じで、いい意味で印象に残りました。

ラブラブハッピーな展開の多い、世のBL作品群に刺激を与える異色な作品であると感じます。

【無料試し読みはこちら】
↓   ↓   ↓
画像をタップ!

サイト内で「隣のお姉さん」と検索するとすぐに読めます

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「隣のお姉さんの下着を盗んだら奇跡が起きた話をしよう」を無料試し読みする方法

隣のお姉さんの下着を盗んだら 無料ネタバレ3

隣のお姉さんの下着を盗んだら ネタバレ 第1話 下着を盗もうとしたら童貞卒業する...

隣のお姉さんの下着を盗んだら ネタバレと無料 その1

隣のお姉さんの下着を盗んだら ネタバレと無料 その2